logo

剱伎道~KENGIDO~ 稽古場日誌!

剱伎道稽古日誌
2017年12月16日
本日は子供枠・大人枠共に審査を兼ねた稽古でした。
昨日の中級クラスもそうでした。
昨日は新しく出来た「構え5」の最初の「正眼」のみで1時間半の稽古が終わりました。
それでも時間がとても足りないくらいでした。1つの構えをじっくりとやる稽古はじわじわととても楽しかったです。
本日のクラスはいつもより緊張感が漂う中で進んで行きました。
ただ、いつもやっている事をやるだけです。
いつもやっていれば出来るし、出来なかった箇所は今の自分の足りないところ、なのだと思います。
審査の日だけきちんと見せようとしても必ずどこかでボロが出てしまう、それはまるでステージの本番と同じようです。
また、自分の事だけでなく稽古場全体にも気を配り、全体がスムーズに流れて行くように心がける事も大事だと思いました。
まだまだ自分は見えていないところがあるのだろうけれど、せめて気づいているところは行動していかなければ、と思います。
きっとそういう目に見えないさりげない行動が、剱伎道が外部で活動する際に自然に現れるのではないでしょうか。
皆でそういう気持ちも共有して共に成長していきたいです。
年内の稽古も残すところあと数回となりました。
きちんと積み重なるよう稽古参加していきたいと思います。
本日もお疲れ様でした。
 
剱伎道
石濱真澄

Comments are closed.

Translate »